都営新宿線:西大島駅より徒歩11分、東京メトロ半蔵門線:住吉駅より徒歩14分

江東区小名木川保育園

〒136-0073
東京都江東区北砂1-3-30

保育時間

月曜日〜土曜日am00:00〜pm00:00

アクセス

  • 簡単な地図を見る
  • Google mapをみる

せいか日記

2019.02.05 (火)

園庭が動物園に

動物村がやってきました。250頭の動物が園庭のあちらこちらにいます。ご家庭からの協力で野菜や果物がたくさんあり、動物たちも柵を乗り越えそうになりながら餌を欲しがっています。「どうぞ」と手に持ち、渡そうとするもすぐに食べてしまい、その速さに驚いています。動物の鳴き声にも驚き、こわがっている子どもたちもいましたが、膝の上にのせモルモットのフワフワした毛並みや豚の毛の硬さに触れる事ができました。スペシャルゲストのハリネズミは想像と違っていたようです。

2019.01.31 (木)

鬼は外!福は内!

玄関にイワシ・豆から・ヒイラギを置きました。子どもたちは手作りお面で会に参加です。「角を作りきって貼りました」とお面つくりをして大変だったことも含めて発表してくれました。
赤鬼がクラスを回り「鬼は外 福は内」と大きな声で豆をぶつけ、心の中にいる「困った鬼」を退治しました。
「困った鬼」は退治され、子どもたちも更に元気に過ごすことでしょう。

2019.01.10 (木)

お正月遊び

新年子ども会を行いました。獅子舞で邪気を払い、今年も無病息災で過ごしたいですね。
今年のがんばりたいこと!という発表もしました。
お手玉、こままわし、凧揚げ、福笑い、カルタ等々、伝承遊びをしました。
○○名人まではいきませんが、練習してできた時の喜びと、何回も挑戦するねばり強さを学ぶことができました。
今年も素敵な一年になりますように。

2018.12.25 (火)

すてきな音色で

クリスマスコンサートがありました。きれいなお姉さんたちの演奏で、沢山の曲を歌い楽しむことができました。0.1歳児クラスも体を揺らし楽しみ「本物の素晴らしさ」が小さな子どもたちにも伝わっています。音楽は人の心も育て、楽しいだけではなく優雅な気持ちにもなります。Xmasメドレーで歌った曲がサンタさんにも届いたかもしれませんね。素敵な一日でした。

2018.12.14 (金)

「お楽しみ会」の前に

4日に「お楽しみ会」のリハーサルがあり「○○を○○したら、もっと良くなるよ」「○○の時もう少し大きい声だと後ろまで聞こえるね」を伝えると
子どもたちは更にやる気を出し、自ら演じる楽しさを感じながら表現しています。15日の前日。劇練習の後に円陣を組み、本番へのパワーを集めました。
きっとお楽しみ会では一人ひとりの力が集まって、楽しい会になるでしょう。

2018.11.14 (水)

虫歯をなくそう

園医の五の橋クリニックの先生による「歯科検診」がありました。口を開け、「上の5番から~」の声を恐々聴いていて、終わったとたん安心した表情です。何をされるか不安な状況と注射でもされてしまうのかという怖さは、くらすがクラスが大きくなるごとに消えていき、終わった後に「ありがとうございました」といっていく子どももいます。歯科検診を受けることだけでも「去年は不安で泣いていたのに」と成長を感じます。
歯科検診の後は歯科衛生士さんの「歯科指導」を受け、毎日歯を磨き、仕上げ磨きもしてもらうことを約束しました。

2018.11.08 (木)

小学校交流

幼保小中連携教育プログラムの交流の一つとして、北砂小学校1年生と交流を行いました。広い校庭での落ち葉広いをし、「葉っぱの気持ち」を代弁する授業に参加しました。すべてが新鮮です。葉っぱが何を話しているか?葉っぱの形や穴が開いている葉っぱがどんな気持ちでいるか等々自分で考える難しさを感じてきました。教室に戻り個別の文房具の見るだけで、感動です。「1年生になったら~」と胸膨らむ時間でした。一年後にはひまわり組の子どもたちも逆の立場になり素敵な一年生になることでしょう。

2018.10.26 (金)

Halloween パーティー

運動会が終わった月曜日の登園は園が大変身したので登園の際に親子で驚いていました。子どもの手作りの飾りも沢山飾られました。
今日はHalloween🎃パーティーがありました。仮装をしての登園は子どもたちの気持ちも軽やかで、スポットでの写真撮影もポーズで撮影しました。会ではNAHO・KUMIKO・YUKIKOにお菓子のもらい方を教わり、沢山のお菓子をもらいに周りました。英語の講師と一緒に食べた行事給食はさらにおいしく感じられ楽しい時間となりました。

2018.10.24 (水)

青空の下で

秋晴れの下、小学校の校庭をお借りして運動会を開催いたしました。初めての場所でのぶっつけ本番です。子どもはもちろん職員も誰もが経験なしの所へ飛び込みました。「子どもたちの可能性を信じよう」と校庭の準備を始めました。いざ、本番。かわいいダンス・かけっこ・リレーと頑張った子どもたちも、応援してくれていた保護者の皆さまも素敵な笑顔が印象的でした。ハプニングもありましたが皆様に見守られてできたこと、そして職員も一生懸命頑張っている姿にグッとくるものがありました。

2018.09.27 (木)

シャドーシアター

父母の会の皆さまにご協力をいただき、シャドーシアターを見ることができました。「影」で様々なものや体を用いて表現するものです。リズミカルな曲でボールをついたり大きなビルを陰で作り上げたり、曲・色・動きが普段なかなか経験(見れない)できないものでした。職員も一緒に見る中で、感性をみがく良いきっかけになりました。影がこんな形で表現できる素晴らしさも知りました。子どもたちから歓声も上がりにぎやかに見ました。とても素晴らしい時間でした。

*このページの著作権・肖像権等は、江東区小名木川保育園にあります。無断転載や編集等を禁じます。
このページの先頭へ