東武野田線:運河駅より車10分、梅郷駅より豆バス聖華保育園入口下車 徒歩1分

社会福祉法人 聖華 聖華保育園

〒278-0013
千葉県野田市上三ヶ尾454-1

tel:04-7138-2775 fax:04-7138-1808

保育時間

月曜日〜金曜日am7:00〜pm9:00

土曜日am7:00〜pm6:00

アクセス

東武野田線:運河駅より車10分
梅郷駅より 豆バス聖華保育園入口 下車 徒歩1分

  • 簡単な地図を見る
  • Google mapをみる

園の紹介

  • ごあいさつ
  • 園の情報
  • アクセス

ごあいさつ

理事長 白須賀 まり子

未来に翔たく子どもたち
社会福祉法人聖華 聖華保育園は2004年4月開園の野田市初の社会福祉法人認可園です。幼児教育を取り入れた、幼稚園に近い形の保育園です。当保育園の保育目標は「豊かな情操」「丈夫な体」「広い社会性」[確かな基礎能力」です。適時期に適切な教育を行う事を原点に、就学前教育を取り入れながら、本物に触れ、数多くの経験や体験をすること。遊びを通して子ども達の社会性を養います。季節に合わせた行事をたくさん取り入れながら、園外保育も力をいれています。周りを緑に囲まれて、自然豊かな中、子ども達の笑い声がこだましています。
子育て支援・一時預かりなど地域の方へのサポート活動も行っています。働く保護者の皆様が安心して預けられることはもとより、園全体にけじめのあるのびのび保育を展開し、一人ひとりの発達目標に到達できるよう職員一同全力で幼児教育に取り組んでいます。
健康で明るい子、意欲のある子、思いやりのある子を育て21世紀を担う子どもたちに夢や希望を与えていけるように・・・聖華保育園の切なる願いです。

副理事長 吉浦 眞樹子

「自己肯定できる人」をひとりでも多く育てる。これが私の目標です。自己肯定というと少々硬いですが、要は「自分を大好きな人」になってほしいです。自分を大好きな人は、強いです。自分を大好きな人は、親からもらった大切な身体を傷つけるようなことはしません。大きな壁にぶつかったとしても、自分を愛し信じている人は、それを乗り越え、人生の糧にしていきます。自分を愛する人は心に余裕が生まれ、他者にも優しくなれます。すると自然に、彼/彼女の周りには、笑顔があふれます。そんな人に、なってほしいです。
私たち大人ができることは、個性あふれる子ども達ひとりひとりを全身で受け止め、「そのままのあなたが大好き!」と、言葉で、態度で、表わし伝えてあげることだと思います。
子どもの成長の要は、保護者の皆さまです。その皆さまを、保育園として精一杯サポートし、みんなで大切なお子さまを育てていきたいと思います。

園長 大瀧 奈緒

子どもたちが自ら何かを発見できた時、チャレンジしたことが出来るようになった時の表情が大好きです。多くの実体験を大切にし、ありのままの姿を受け止めて気持ちに寄り添った保育をしていきたいと思います。 そして子どもたちの成長をみんなで認め、保護者の皆様と喜びを共感しながら子育てのサポートが出来るよう愛情いっぱいの保育をしていきたいと思います。

主任 郡司 真理

子ども達が、笑顔で楽しく過ごせる環境作りを手助けしていきます。 「保育園って楽しい!」「先生大好き!」と思ってもらえる様、愛情たっぷり!笑顔いっぱい!の優しい保育をし、お子様の成長を保護者の皆様と一緒に共感していきたいです。子ども達一人ひとりの気持ちに寄り添うと共に、沢山の“本物”に触れ、様々な経験から成長を促していきたいです。

主任 清水 彩未

保育園での様々な遊びや経験の中で、豊かでたくましい心と体を育んでもらいたいと思っています。 子ども達と同じ目線でワクワクし、思いを共感し、安心してもらえるような環境にしていきます。



園の情報

社会福祉法人聖華 聖華保育園

〒278-0013
千葉県野田市上三ヶ尾454-1

tel:04-7138-2775 fax:04-7138-1808

保育室のパーテンションを開けることができ、用途によって広さを調整することができます。どのクラスも冷暖房が完備され過ごしやすい環境です。

園庭全体が砂場になっているので、夏は泥遊びを園庭全体で行う事ができます。

外には子ども達の想像力・冒険心を掻き立て遊具と鉄棒を設置しのびのびと出来る恵まれた自然環境の中にあります。

天気の良い日は異年齢でみんな一緒にお給食を食べたり日々の遊び場になっています。

◎全園児カラー帽子

◎2歳児クラスより---園指定のかばん

◎3歳児クラスより---園指定の制服・制帽(冬・夏)・かばん・体操服
※体操着は希望購入です。

アクセス

アクセス

*このページの著作権・肖像権等は、聖華保育園にあります。無断転載や編集等を禁じます。
このページの先頭へ